読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットバカラ必勝法

インターネットでプレイをする事が出来るライブバカラの必勝法を考えていきます。

自民、カジノ法案の週内成立断念=12日に参考人質疑 時事通信 12/8(木) 11:18配信

カジノ法案 日本カジノ

 

 

自民党松山政司参院国対委員長は8日午前、国会内で民進党榛葉賀津也参院国対委員長と会談し、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)推進法案について、参院内閣委員会で12日に参考人質疑を行うことで合意した。 これにより、自民党が目指していた9日成立は見送られることになった。 カジノ法案は8日午前、参院内閣委で実質的な審議に入った。自民党衆院並みとなる約6時間の審議を行った上で、同日午後に委員会で採決し、9日の参院本会議で成立させることを目指していた。しかし、民進党が早期採決に反対したため断念した。 自民党は会期末の14日までに成立させる方針。ただ、民進党が内閣委員長ポストを握っているため、粘り強く採決を働き掛けていく構えだ。

 

転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000073-jij-pol 

 

 カジノ法案ってどのようになっていきますかね?

成立を急いで急ピッチでの審議がなされているのだと思いますが、審議をしては流れてをいこれまでずっと繰り返してきたカジノ法案。

 

日本国内のカジノ好きが日本にもランドカジノが出来れば!!と思い続けて、もうかなりの年月が経過をしているのに、今だに進んでいないカジノ法案。

 

東京オリンピックと同時に日本国のランドカジノが出来るように、急ピッチで審議を進めているのだと思いますが、法整備、パチンコ、パチスロ業界の新たな解釈と法整備なども重要な部分になってきます。

またパチンコ・パチスロはなぜ換金性があって、三店方式で法的なロジックとしては良いという解釈になるのか?賭博法に抵触をしているのではないか?という点も議論に上ってくる事でしょう。